イントラレーシックとレーシックの違い

レーシックという医療技術は、比較的新しいものなので、その内容は日々進化しています。そのため、ひんぱんに新しい単語が登場し、その違いが一般の人には理解しづらく、混乱を引き起こすようです。

レーシック手術クリニック比較ランキング

レーシック手術ができるおすすめクリニックを地域別に比較し、紹介します
東京・大阪・名古屋・福岡を中心に各都道府県別にレーシック手術おすすめ眼科クリニックの情報を掲載

イントラレーシックとレーシックの違い

レーシックという医療技術は、比較的新しいものなので、その内容は日々進化しています。そのため、ひんぱんに新しい単語が登場し、その違いが一般の人には理解しづらく、混乱を引き起こすようです。最近良く聞く「イントラレーシック」は、レーシックとどういう違いがあるのでしょうか。その違いについてはっきりと説明できる人はそれほど多くないでしょう。

イントラレーシックとは、レーシック手術の方法の1つです。

しかし一般的なレーシックと区別して呼ばれます。具体的な違いは、「フラップ」と呼ばれる角膜のフタのような形状部分を作る方法にあります。通常の方法では電動のカンナのような機械で角膜の表面を薄く削ぐような方法でフラップを作ります。これは医師による手作業です。一方イントラレーシックではこれとは違い、この作業をアメリカの会社「イントラ社」が開発した機械でレーザーを使って行います。その違いはコンピューターでその厚みや量などを制御するため、角膜へのダメージが少なく、正確にフラップを作ることがでるという点です。また、機械が行いますので、担当する医師の技術が手術の善し悪しに影響することもありません。

イントラレーシックの特長は他にもあります。正確に薄くフラップを作成することができるため、角膜が薄い人でも手術が可能になります。加えて角膜の実質層部分を厚めに削り取ることができるので、強度の近視の人に対して矯正できる幅が広がるというメリットがあります。どちらの手術方法がより適しているかは、専門の医師に相談する必要があります。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。